MENU

自然の中でバーベキュー

マイホームはやはり持ち家派!

 

マンションは管理費などでメンテナンスの心配はなく、持ち家は修繕費や固定資産などの出費はあるが、家族や友人と庭でバーベキューなどで共に過ごす時間は格別なものがあると思います。

 

先日も、子供たちのサッカー仲間が遊びにきて、夜は子供たちの父兄さんも一緒に庭でバーベキュー。食事とお酒を楽しみながら、普段気づかない事や、学校での事、色々な意見交換などしてコミュニケーションを取れて、色々と気づかされるいい場となっています。自分の子供以外に、他の家の子供たちの成長を見れるのも1つの楽しみになっています。

 

また自分自身の両親、妻の両親が家に遊びに来る機会もありますが、やはり、親の世代はマンションよりも、一軒家の方が落ち着くようです。お互いの両親ともに田舎暮らしなので、両親を落ち着いた場所で迎え入れるのも子供としての努めなのかなとこの年になって感じています。

 

仕事も含めてずっと都会のマンション派で、通勤に楽で管理が持ち家より楽なマンションでの生活が当たり前のように考えていましたが、年をとるにつれて、マイホームだけれども、家は自分たちが生活する以外にも、色々な役割を持ってくれていて、自分よりも自分を取り巻く、自分を支えてくれている人たちにためにも居心地のいい空間、色々なコミュニケーションのとれる場所であるべきなのかなと考えるようになりました。

 

これから更に年をとるにつれて、子供たちも成長し成人し、独り立ちした時に帰ってこれる場所、実家、田舎という存在も大切なのかなとも思うようになりました。両親が残してくれている、田舎、実家に戻った時に思い出が蘇ったり、多少形や風景は変わっても、変わっていない場所がたくさんある事に初心に帰れる気がします。

 

子供たちが成人して実家に帰ってきた時に、今のように庭でバーベキューをやりながら、今度は自分の子供酒を一緒に飲めるのを楽しみにしたいと思っています。